海燕社についてリンクサイトマップ


ホームプロフィール作品紹介コラムフォトアンケート上映日程購入案内


八重瀬町字志多伯の獅子舞は、およそ300年の歴史を持ち、獅子の年忌ごとの旧暦八月十五
夜に豊年祭が行われる。戦後、村の守り神として崇められてきた現在の獅子は傷みが激しく
将来のために新しい獅子頭を作ることになった。獅子頭を作るのは、仏像彫刻師で獅子工の
仲宗根正廣さん。首里城正殿の扁額や沖縄県立博物館所蔵の工芸品の修復に携わってきた。
地域の人たちからの依頼を受けて獅子頭の製作や修復も手掛けている。那覇市首里末吉町の
獅子や八重瀬町志多伯、友寄の獅子等これまで61体の獅子頭を製作してきた。
海燕社は八重瀬町字志多伯から獅子頭製作の映像記録を依頼され、その製作工程を記録して
きた。その映像使用の許可を得て、仲宗根さんの手わざを中心に沖縄の獅子舞を紹介する映
画を製作した。獅子頭の製作工程を含めた沖縄の獅子舞の全体像を描くのはおそらく初めて
である。

「うむい獅子/上映日程」のページへ
海燕社トップページへ

Copyright(C)2010.kaiensha.All Rights Received