海燕社についてリンクサイトマップ


ホームプロフィール作品紹介コラムフォトアンケート上映日程購入案内
 沖縄県南城市の久高島は、昔から神の島として知られ、年間三十に及ぶ神事が島の暮らしに組み込まれており、今でも島人によって厳粛に受け継がれている。 この久高島最大の神事が、十二年に一回午年に行われる「イザイホウ」である。
 「イザイホウ」は、30歳から41歳の、島で生まれ、島に生きる女が神になる神事で、四日間の本祭を中心に、一ヵ月余の時をかけて行われるのである。島の女たちは、ノロを中心に神女組織を構成して島の男たちや島の暮らしを守ってきた。
 これは、1966年の「イザイホウ」の記録作品である。
 「イザイホウ」はその後1回行われ、1978年を最後に消滅した。多くの祭や神事が時代の波と共に形骸化し観光資源に変身したケースの多い中で、「イザイホウ」 は厳粛な神事の心を失わず、生きたまま消え去ったのである。
 「イザイホウ」 はまた、ドラマチックな構成を持ち、歌や踊りの原点ともいうべき内容を有し、学問上でも価値の高い稀有の神事であった。今は、この記録映像で、その魅力の一端を感じてもらうしかないのである。



【ウェブでの反応】

よみがえる秘祭 封印映画「イザイホウ」公開へ/沖縄タイムス+プラス

金口木舌>記録から学ぶ/琉球新報

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » ドキュメンタリー「イザイホウ」

久高島の伝統祭祀「イザイホー」の映画 来月公開 / RBC琉球放送

エンタ魂【沖縄】好評につき異例の入場制限!映画『イザイホウ』が追加上映決定

Walker plus 【映画】東京上映は連日満席!封印されていた幻の映画『イザイホウ』が地元・沖縄でも公開決定

沖縄島ガールエンタ【映画】東京上映は連日満席!封印されていた幻の映画『イザイホウ』が地元・沖縄でも公開決定!

WebDICE 【骰子の眼】もう見ることのできない日本の祭祀の原点を記録した『イザイホウ -神の島・久高島の祭祀-』

写真で見るイザイホウ        撮影当時(コラム)       DVD情報

 「糸満の女」のページへ   「ふじ学徒隊」のページへ   受注作品はコチラ
海燕社トップページへ

Copyright(C)2010.kaiensha.All Rights Received